CrystalDiskInfo 6 Freesia Dev3

ダウンロード >> とりあえず版

主な変更点

  • 初期設定では OCZ-REVODRIVE3 を検出できない不具合を修正 (アドバンスドディスクサーチを有効にすると見える)
    Windows からは “OCZ-REVODRIVE3” ではなく “ATA OCZ-REVODRIVE3 ” と頭に “ATA ” が付与されていたため先頭数文字が一致せず異常データと誤認識しておりました。
  • 忘却の彼方に消え去りかけていた Re:BUFFALO IFC-PCI2ES 対応… 動くかどうかは検証待ち

です。

6/16 の正式版リリースに向けて色々頑張って開発していくので応援よろしくお願いします。熱い要望があればお早目にどうぞ!!

【独り言】

頭に “ATA “が付与されるディスクが存在するとは…… 完全に考慮漏れでした。

OCZ-REVODRIVE3 は Windows からは SCSI コントローラー + SCSI ディスクとして認識されるようです。

+ OCZ 10xx SCSI Controller [SCSI]
– ATA OCZ-REVODRIVE3 SCSI Disk Device

それと、通常の方法では ATA コマンドが通らず、SCSI mini port にお願いする必要があるようです。NVIDIA AHCI と同じ。このあたりはホント難しいし良く理解もしていない。。。コントローラーベンダーの皆様にはただひたすら普通の方法で S.M.A.R.T. 情報を取得できるようドライバを書いていただくよう祈るばかりです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です