CrystalCPUID 5 -Estel- #11

デバイスドライバをシステムにインストールする機能を復活?させました。システムにドライバをインストールしてしまえば、管理者権限がなくても CrystalCPUID が動作できるようになります。

WinRing0 にはドライバをシステムにインストールする機能がない(あまりにアレなので敢えて取り除いています)ため、ドライバがシステムにインストールされているか、普通にロードされているかを識別する API がありません。この API がないと管理者権限でアプリを起動するべきかどうかを判断できないので、GetDriverStatus API を追加しようと思います。

ようやく CrystalCPUID 5 -Estel- と OpenLibSys -PureCrystal- を開発しているという気分になってきました。長年愛用した Visual C++ 6.0 ともようやくお別れ出来そうです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です