WinRing0 1.0.11a

◇公式サイト

1.0.11 からの変更点

  • マニュアルに Visual C++ 2008 対応に関する記述を追加
  • OlsApiInitDef.h および OlsApiInitExt.h を追加 
    RUN_TIME_DYNAMIC_LINKING 使用時に複数のファイルから WinRing0 API を呼び出すことができない問題に対応
  • Visual C++ 2008 Express Edition 対策
    OlsDll.rc 内の “afxres.h”  を <windows.h> に変更するよう指示するコメントを追加

◇WinRing0SampleCpp.exe (1.0.7.8)

  • OlsApiInitDef.h および OlsApiInitExt.h の使用方法を提示するための変更

■メモ

DLL ファイルおよびドライバファイルは 1.0.11 と同一です。

おすすめ

3件のフィードバック

  1. Kouichi より:

    Binaryは 1.0.11 と変わりがないという事ですが、とりあえずダウンロード。
    で、Windows98SE稼動機で走らせてみるてすと。
    (Celeron 533MHz , 384MB Memory , Intel 810E Chipset)

    C++版はすぐに反応が返ってくるけど、C#版は返ってくるまでに時間がかかる。
    なんかディスクから読み込んでウニャウニャやってる感じ。

  2. hiyohiyo より:

    > Kouichi さん
    C# 版の起動が遅いのは .NET Framework を使用しているのが原因です。GSK 氏の「.NET R-Tune」(http://software.hi-gain.org/) を使うと高速化できるかもしれません。

  3. Kouichi より:

    情報ありがとうございます。
    組み込んでみて体感速度を比較してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です