CrystalDiskMark 4 RC1

約5年ぶりとなるメジャーバージョンアップに向けて鋭意開発中です。

■ 動作環境について
 XP/2003 サポートは諦めました。Vista 以降で動作します。

■ Beta1 からの主な変更点
– キュー数&スレッド数設定ダイアログを改良
– ベンチマーク結果をテキストファイルに出力する機能を改良
– 拡大率変更時に再実行しないように改良
– Win7+IE10/11 環境での起動時に再実行しないように変更 (必ずしも改善とも言えないのですが・・・)
 ⇒ IE コンポーネントの闇に飲み込まれてます・・・

■ RC1 時点のベンチマーク条件

– Sequential (Block Size=128KiB) Read/Write with multi Queues & Threads
– Random 4KiB Read/Write with multi Queues & Threads
– Sequential (Block Size=1MiB) Read/Write with Thread
– Random 4KiB Read Write with single Queue & Thread

– Test Time = 5s

■キュー数とスレッド数の変更方法
CDM4QueuesThreads設定ダイアログを用意しました。設定 > キュー数 & スレッド数 からどうぞ

キュー数:最大 512
スレッド数:最大 64

設定ダイアログからスレッド数は1~64まで設定できますが、キュー数は 1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512 しか設定することが出来ないため選択肢にないキュー数を設定したい場合は直接 DiskMark32.ini などの設定ファイルを直接編集することが可能です。

[Settings]
SequentialMultiQueues=512
SequentialMultiThreads=64
RandomMultiQueues=512
RandomMultiThreads=64

■単位の標準準拠

– KB = 1000 bytes
– KiB = 1024 bytes

■テキストコピーサンプル
———————————————————————–
CrystalDiskMark 4 RC1 Shizuku Edition (C) 2007-2015 hiyohiyo
Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q=512,T= 1) : 0.000 MB/s
Sequential Write (Q=512,T= 1) : 0.000 MB/s
Random Read 4KiB (Q=512,T= 1) : 0.000 MB/s [ 0.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=512,T= 1) : 0.000 MB/s [ 0.0 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 0.000 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 0.000 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.000 MB/s [ 0.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.000 MB/s [ 0.0 IOPS]

Test : 50 MiB [] (x1)
Date : 2015/04/20 0:08:35
OS : Windows 8.1 Pro [6.3 Build 9600] (x64)
—-
Q=Queues
T=Threads
Test : 1000 MiB [C: 79.7% (297.0/372.5 GiB)] (x3)
テストファイルサイズ、対象ドライブ情報、テスト回数

フラグメント数⇒正式版への搭載断念しました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です