CrystalDiskMark 4 Dev6

CrystalDiskMark4Dev6

約5年ぶりとなるメジャーバージョンアップに向けて鋭意開発中です。
実行ファイル:https://crystalmark.info/download/zz/CrystalDiskMark4Dev6.zip
ご意見ご要望動作報告:掲示板

■主な変更点
– ベンチマーク時間の短縮
– 512KiB ランダムテスト廃止
– 各テスト時間を 10 秒から 5 秒に変更
– デフォルトテスト回数を 5 回から 3 回に変更
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=18614731/
※さすがに10分もかかるのは長すぎると反省。
– マルチスレッド&キューなシーケンシャルテストのブロックサイズを 1MiB から 128KiB に変更
 https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=189;id=#189
– テストファイルサイズ変更
– 不具合修正

■ Dev6 時点のベンチマーク条件

– Sequential (Block Size=128KiB) Read/Write with multi Queues & Threads
– Random 4KiB Read/Write with multi Queues & Threads
– Sequential (Block Size=1MiB) Read/Write with single Queues & Threads
– Random 4KiB Read Write with single Queues & Threads

– Test Time = 5s

■キュー数とスレッド数の変更方法
DiskMark32.ini(DiskMark64.ini) 内の下記設定を直接変更してください。
※設定変更用 UI は別途用意します。

– SequentialMultiQueues=32 (1~128)
– SequentialMultiThreads=1 (1~32/64)
– RandomMultiQueues=32 (1~128)
– RandomMultiThreads=1 (1~32/64)

■単位の標準準拠
– KB = 1000 bytes
– KiB = 1024 bytes

■テキストコピー強化 (サンプル)
———————————————————————–
CrystalDiskMark 4 Dev6 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q=32,T= 1) : 506.477 MB/s
Sequential Write (Q=32,T= 1) : 376.908 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T= 1) : 259.223 MB/s [ 63286.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=32,T= 1) : 141.820 MB/s [ 34624.0 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 508.391 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 398.274 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 29.568 MB/s [ 7218.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 109.691 MB/s [ 26780.0 IOPS]

Test : 1000 MiB [C: 79.7% (297.0/372.5 GiB)] (x3) [1]
Date : 2015/03/27 14:13:12
OS : Windows 8.1 Pro [6.3 Build 9600] (x64)
—-
Q=Queues
T=Threads
Test : 1000 MiB [C: 79.7% (297.0/372.5 GiB)] (x3) [1]
テストファイルサイズ、対象ドライブ情報、テスト回数、フラグメント数(NEW!!)

フラグメント数=まだ正常動作していませんm(_ _)m

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です