CrystalDiskMark 1.0 FinalBeta

主な変更点

  • エラーメッセージの日本語対応
  • 大きいフォント(120DPI)をサポートするためダイアログを微調整
  • 新テーマ sakura を修正 
  • Unicode版バイナリ同梱(x86/x64)

ようやく当初予定していた機能の実装が一通り完了しました。これから一週間程度の最終ベータテスト期間を経て正式版をリリースする予定です。動作確認よろしくお願いいたします。何かお気づきの点がございましたら、このエントリにコメントしていただけるとありがたいです。(もちろん、掲示板やメールでもかまいません)

とりあえず、MBCS 版 32bit と Unicode 版 32bit/64bit の 3 種類のバイナリが入っています。最終的には、配布ファイルを分けようかとも考えておりますが・・・

【追記 3/22 20:45】 XP で動作確認したところダイアログが崩れていたので、スタイルシートを少し修正しました。

crystaldiskmarkfinalbeta.png

実行ファイル:CrystalDiskMarkFinalBeta.zip
ソースコード:CrystalDiskMarkFinalBetaSrc.zip

背景画像について
sakura : 壁紙工房 Giggurat さんで公開されている画像を使用させていただきました。

使用ライブラリ reflection.js (ロゴの鏡面反射)
/**
* reflection.js v1.6
*
* Contributors: Cow http://cow.neondragon.net
* Gfx http://www.jroller.com/page/gfx/
* Sitharus http://www.sitharus.com
* Andreas Linde http://www.andreaslinde.de
* Tralala, coder @ http://www.vbulletin.org
*
* Freely distributable under MIT-style license.
*/

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. habe より:

    READMEに載っている
    > “MB/s” は 1,000,000byte/s の意味です。
    > 1024*1024byte/s ではないのでご注意ください。
    って本当ですか?

  2. ひよひよ より:

    本当です。
    ATA/100, ATA/133, SerialATA/150, SerialATA/300 など全て 1,000,000byte/s となっています。
    PCI とか PCI-Express などの伝送速度も同様です。
    MB/s が 1024*1024byte/s を示すことありますが、一般的には 1,000,000byte/s のようです。
    ちなみに、CrystalMark 2004R2 は 1024*1024byte/s となっています。
    当時は、2進数至上主義者だったので(汗)

    通信の勉強をして、速度に関しては2の累乗で表記している例がないことを再認識したわけです。

  3. habe より:

    あ。ほんとだ。ごめんなさい。噓ついてました。
    # timeGetTime()がミリ秒単位なのに気付かずにスコア計算用のコードを読み違えていたのです…。
    # で。1,024,000 bytes/sと計算されているように見えた。と。

  4. hiyohiyo より:

    あっ、そういうことでしたか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です