Android Market

まずは調査ということで、最近 Android Market をうろうろしています。

気がついたことは

  • ダウンロードが簡単 ⇒ 手軽に試せる ⇒ 比較検討している方が多そう
  • ユーザーコメントがとても多い

ということです。

Windows アプリでは Vector さんが有名ですが、人気順に 10 本も試すとなるとランタイムライブラリが必要だったり、マニュアルを読まないと何がなんだかわからないアプリに遭遇したり・・・ということもありそうですが、Android Market はアプリのダウンロード&試用がとにかく簡単です。また、ユーザーコメントがとても多く率直な感想がダイレクトにどんどん投稿されているようです。

Android Market に登録したこともない素人視点で考えてみると

  • 寄せられたコメントを真摯に受け止め必要に応じてサクッと対応することは重要(当然取捨選択は必要ですが)
    ⇒ 大量の ☆×1 がつけられると再起不能になるかも・・・。
  • 単機能アプリ(バッテリー情報表示など)の場合、ユーザーにとっての選択肢は多い。
    ⇒ 後発でも選んでもらえる可能性が十分にある反面、より良いアプリが出るとあっという間にユーザーを失う可能性も。
  • Android Market で完結しているため、作者サイトを閲覧する方は Windows アプリよりも少なそう。
    ⇒ そもそも作者を意識する機会が少ないような気がする。ソフト名はとても重要!!
  • 最初の印象が全て!! ソフトの価値は 5 秒で判断される。(というか、私は 5 秒で判断する)
  • 説明書は基本的に要らなさそう。というか、必要な時点で UI に問題がある可能性が高い。
  • 選択肢が非常に多いことから雑誌や大手サイトで紹介されると影響力が大きそう。
  • 最初のリリースはとにかく重要!! 難しいけど最初から 90% は目指したいところ。
  • まずは、存在を知ってもらう必要あり。⇒ マーケティングはとても重要。

などなど、世界中の掌で私が作ったアプリが動く日を妄想しながら適当に思いついたことを書き連ねてみました。

※Android ネタは近そのうち公開予定の新サイトに移行予定です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です