Tech Fielders セミナー 札幌 道場スタイル

Tech Fielders セミナー 札幌 道場スタイル[Windows Server 2008 R2 仮想環境構築編] に参加しました。

テーマは Windows Server 2008 (R2) と仮想化環境

  • ターミナルサービス
    デスクトップ画面全体を転送
  • ターミナルサービス RemoteApp
    ローカルアプリと同様の使い勝手を実現
  • ターミナルサービスゲートウェイ
    SSL を使って、自宅や外出先から利用可能

Windows 2008 R2 の 3 大機能

  • Hyper-V 2.0
  • リモートデスクトップサービス (RDS)
  • デスクトップの仮想化
    Virtual Desktop Infrastructure (VDI)

Hyper-V 2.0 とマイグレーション

  • ディスクアクセスがすごく速くなった。
  • コアパーキングによって電力消費量の削減
  • CPU 互換性確保

Hyper-V の管理

  • すごく簡単

仮想ディスクの形態

  • 可変長
  • 固定長
  • 物理ディスク(パススルー)
  • 差分ディスク(可変帳+チェーン)

iSCSI の誤解

  • iSCSI Target (ストレージ)  :共有ストレージ側。有償
  • iSCSI イニシエーター:共有ストレージを利用する側、無償
  • iSCSI は Target とイニシエーター両方の設定が必要

テスト環境をどう構築するの?

  • TechNet Plus Subscription
    iSCSI Software Target もダウンロードできる。

CPU互換性設定

  • CPUが異なる場合『プロセッサバージョンが異なる物理コンピュータへ移行する』設定をしておかないとダメかも。
    ただし、Intel – AMD 間の移行は不可

ライブマイグレーション

  • 本当に切り替えに必要な時間は一瞬。ping が 1 回タイムアウトするかしないか程度。
  • 3台PCがないと環境構築はちょっと難しい→個人で試すにはハードルが高いかも。

感想

  • 個人が試すにはハードルが高いライブマイグレーション環境の構築を一つ一つ丁寧に紹介いただけたので、雰囲気はつかめました。まぁ、構築する機会は今後もないと思いますが。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です