なんて読むのかもわからないけれど…

Температура

という Intel Core 2 の温度を測定するソフトで WinRing0 が使用されていました。しかも、本アプリケーションは、GPL になっていてソースコードも読めます。

これって、ロシア語だよね???

なんにせよ、WinRing0 を使ったプロジェクトが増えてきたのは喜ばしいことである。ホント、なんて書いてあるかわからないのは悔しいなぁ~。

おすすめ

6件のフィードバック

  1. phenomゆーざ より:

    はじめまして。
    WinRing0便利に利用させてもらっています。
    さてバグレポートというか要望なのです。

    WinRing0 1.1.1では、何故かカーネルモードドライバ(WinRing0.sys)からtry exceptionコードが削除されているため、Rdmsr()などで存在しないindexを読むとOSごと落ちてしまいます。
    サンプルのOlsMsrEditor.exeなどで0x12345678など適当な値を参照するだけで、OSが落ちる現象は再現できると思います。

    プログラムから利用する際には、事前にCpuid()でCPUを正確に判定して常に存在しているindexだけを扱えば大丈夫なのですが、以前のバージョンではRdmsr()に不正なindexを渡してもきっちりエラーが返ったので、ちょっと不便になってしまいました。
    ということで、もし次のリリースがあるなら例外ハンドラを元に戻して頂けると嬉しいなぁ・・・という要望なのでした。

  2. hiyohiyo より:

    > phenomゆーざ さま
    レポートありがとうございます。今確認したところ、確かにばっさり削除されていました。NT4 関連対応機能を削除したときに、誤って削除してしまっていたようです。(意図したところではありません)

    本日中にその部分を修正したバージョンをリリースいたしますので、アップデートをお願いいたします。

  3. phenomゆーざ より:

    1.1.2でRdmsr等が無事修正されていることを確認しました。
    迅速な対応に感謝感激です。

    これからも沢山素晴らしいソフトウェア生み出してくださいませ。
    陰ながら応援しております。

  4. hiyohiyo より:

    > phenomゆーざ さん
    こちらこそ、ご指摘いただきありがとうございました。

  5. hiyohiyo より:

    作者のサイトに『ロシア語』ではなく『マケドニア語』というツッコミが英語で書かれていたので、修正しました。

    マケドニア語 (Wikipedia)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%8B%E3%82%A2%E8%AA%9E

    ロシア語もキリル文字を使っているので、素人には判定できない!!不用意に英語以外の言語を書くのは控えよう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です