CrystalCPUID 5 -Estel- #3

Feature Flags 機能を実装しました。

【ひとりごと】

  • 機能の移植自体は簡単だったのですが、全然関係ないところで苦戦してしまいました。 
  • DHTML 用のイベントハンドラは、
    HRESULT OnFeatureFlagStdEcx(IHTMLElement* /*pElement*/)
    という形式になるのですが、何故か手動で
    void OnFeatureFlagStdEcx()
    の形式で作ってしまいました。すると、関数自体は呼び出せるのですが、クラスメンバ変数にすらアクセス出来ない状態に。デバッガで追いかけても原因がわからず、CrystalDiskMark の実装と比較しながら調査を行ったところ、上記のイベントハンドラの形式に問題があることに気が付いたわけです。浪費時間は3時間ぐらい。
  • というわけで、朝から晩までプログラム書いているのに、About / Feature Flags ダイアログしか作れませんでした。まぁ、じっくりのんびり移植していきますよ。
  • 今回は、CStringArray を使って少ない行数でまとめてみました。CrystalCPUID 4.x よりは遥かにマシでしょう。
  • もちろん、デザインは最終版ではありません。

crystalcpuid5_03s.png

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です