Visual C++ 2008 Express Edition + WinRing0

Visual C++ 2008 Express Edition で WinRing0 をコンパイルするためには、OlsDll.rc 内の 『#include “afxres.h”』を『#include <windows.h>』に置き換えるか Platform SDK をインストールして、インクルードファイルパスに『C:\Program Files\Microsoft Platform SDK\Include\mfc』を加える必要があります。

WinRing0.dll をビルドするだけであれば、Express Edition でも十分ですね。

次回更新時には、マニュアルにも反映させておきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です