OpenLibSys.org 2000ヒット!!

WinRing0 の安定化に2ヶ月もかかってしまいましたが、ようやく普通に使えるようになってきました。これから、ボチボチユーザーも増えてくるでしょうし、面白いプロジェクトも出てくるんじゃないかなぁと期待しています。

AMD OverDrive の出現で少々やる気を削がれてしまいましたが、よくよく考えると C’n’Q な動作をさせることは出来ませんし、Black Edition が出ても、オーバークロック状態で省電力化は図れないので、CrystalEarthKeeper を出せばそれなりに人気出るんじゃないかと妄想中。

また、昨日 OlsMsrEditor をリリースしました。もともとは CrystalCPUID に搭載していた機能なんですが、複数のプロセッサがあるときの動作がわかり難いことやそもそも CrystalCPUID がなぜか起動しない環境があったため、新規開発?しました。新情報(データシートなど)が出たときのちょっとした検証用にご活用ください。ちなみに、OlsMsrEditor は OpenLibSys.org 名義でリリースしました。今後も、こういった一般ユーザ向きではないちょっとしたツールを開発予定です。PCI コンフィギュレーション空間を編集するソフトや任意の IO ポートを読み書きするソフトも欲しいですねぇ~。

最終的には、一本のソフトで、MSR/IO/PCI/MEMORY を読み書きできるようなデバッグ用ツールも作りたいものです。欲しいですよね???

あと、WinRing0 をスクリプト言語から使えばすごく簡単に「俺専用なチューニングツール」が作れるんじゃないかなぁ~と。せっかく Win32 API と同じ形式にしたのですから、そのうち試してみたいところです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です