WinRing0 1.0.4

ReadIoPortDword が正常に動作しないという致命的な不具合を修正いたしました。致命的な不具合を持ったデバイスドライバが流通することを防止するため 1.0.3 以前のバージョンは全て非公開とさせていただきます。

誠にお手数をおかけいたしますが、1.0.3 以前のバージョンをご利用の方は必ず 1.0.4 以降への更新をお願いいたします。

◇公式サイト

1.0.3 からの修正点

◇全体 

  • ReadIoPortDword が正常に動作しないという致命的な不具合を修正

◇WinRing0.dll (1.0.4.5)

  • ReadIoPortDword の不具合を修正
  • ReadIoPortXXXX, WriteIoPortXXXX 系機能の ControlCode を追加

◇OpenLibSys.sys (1.0.1.3)

  • ReadIoPortDword の不具合を修正
  • ReadIoPortXXXX, WriteIoPortXXXX 系機能の ControlCode を追加 

◇OpenLibSys.vxd (1.0.1.3)

  • ReadIoPortDword の不具合を修正
  • ReadIoPortXXXX, WriteIoPortXXXX 系機能の ControlCode を追加

◇ダウンロード:

■不具合の原因

  • DLL とデバイスドライバ間でやりとりするためのバッファサイズが足りず DWORD のうち上位 2 バイトが切り捨てられていました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です