WinRing0 Alpha10

C# から WinRing0 を使うためのクラスとサンプルコードを作成しました。C# ド素人なので、文字列処理とかとってもアレです。もっと、良い方法ありそうだけどまぁいいか。

マニュアル 鋭意制作中(現在英語版のみです)

今回の主な修正点

  • C# から WinRing0 を使うためのクラスを作成しました。(x64未対応)
  • C# でサンプルアプリを書きました。(コメントが日本語なのは・・・)

WinRing0 を容易に使うためのサポートクラスは、
namespace = OpenLibSys, Class Name = Ring0
としました。
namespace はこれで確定のつもりですが、Class Name は多少変わるかもしれません・・・。 
とりあえず、ファイルを追加して
using OpenLibSys;
するだけで、Ring0 クラスが使えます。中身は全て public static extern な関数なので、Ring0.GetDllStatus() って感じで使えます。

※API の変更はございません。

◇ダウンロード:WinRing0 Alpha10

winring0alpha10.png

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です