WinRing0 Alpha9

hambox さんからのレポートを元に仕様変更を行いました。

マニュアル 鋭意制作中(現在英語版のみです)

今回の主な修正点

  • ***Ex 系 API の仕様変更を行いました。(SetProcessAffinityMask から SetThreadAffinityMask に変更) 
  • Win64 環境において、64論理プロセッサに対応(動作は当然未確認)

◇Alpha9 API (@以下は序数)

  • GetDllStatus   @1
  • GetDllVersion   @2
  • GetDriverVersion @3
  • GetDriverType @4
  • IsCpuid     @11
  • IsMsr     @12
  • IsTsc     @13
  • Hlt      @20
  • Rdmsr     @21
  • Wrmsr     @22
  • Rdpmc     @23
  • Cpuid     @24
  • Rdtsc     @25
  • HltEx     @30
  • RdmsrEx     @31
  • WrmsrEx     @32
  • RdpmcEx     @33
  • CpuidEx     @34
  • RdtscEx     @35
  • ReadIoPortByte   @41
  • ReadIoPortWord   @42
  • ReadIoPortDword   @43
  • WriteIoPortByte   @44
  • WriteIoPortWord   @45
  • WriteIoPortDword  @46
  • ReadMemBlock   @51
  • WriteMemBlock   @52
  • SetPciMaxBusIndex   @60
  • ReadPciConfigByte  @61
  • ReadPciConfigWord  @62
  • ReadPciConfigDword  @63
  • WritePciConfigByte  @64
  • WritePciConfigWord  @65
  • WritePciConfigDword  @66
  • FindPciDeviceById  @67
  • FindPciDeviceByClass @68

ダウンロード:WinRing0 Alpha9

おすすめ

2件のフィードバック

  1. hambox より:

    早速の仕様変更、ありがとうございます。
    マルチスレッド環境でもRdmsrEx()がフツーに使えるようになりました。
    C#で確認済みっす。

  2. hiyohiyo より:

    > hambox さん
    どういたしまして。

    Beta 移行目指して頑張りますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です