WinRing0 Alpha7

プラットフォームが .NET Framework だと CPUID 命令や RDTSC 命令を実行するためには C/C++ などで DLL を作成する必要があり、初めてのプラットフォームが .NET な人にはもう何がなんだか・・・ということがあるかもしれないなと思うので、特権命令に拘らず必要そうな機能を実装していきたいと思います。

マニュアル 鋭意制作中(現在英語版のみです)

今回の主な修正点

  • IsTsc, Rdpmc, RdpmcEx, Rdtsc, RdtscEx, HaltEx を追加
  • RDMSR, WRMSR, CPUID を Rdmsr, Wrmsr, Cpuid に名称変更
  • 序数変更多数
  • サンプルアプリに PMC を読み出す機能???を追加

◇Alpha7 API (@以下は序数)

  • GetDllStatus   @1
  • GetDllVersion   @2
  • GetDriverVersion @3
  • GetDriverType @4
  • IsCpuid     @11
  • IsMsr     @12
  • IsTsc     @13
  • Hlt      @20
  • Rdmsr     @21
  • Wrmsr     @22
  • Rdpmc     @23
  • Cpuid     @24
  • Rdtsc     @25
  • HltEx     @30
  • RdmsrEx     @31
  • WrmsrEx     @32
  • RdpmcEx     @33
  • CpuidEx     @34
  • RdtscEx     @35
  • ReadIoPortByte   @41
  • ReadIoPortWord   @42
  • ReadIoPortDword   @43
  • WriteIoPortByte   @44
  • WriteIoPortWord   @45
  • WriteIoPortDword  @46
  • ReadMemBlock   @51
  • WriteMemBlock   @52
  • SetPciMaxBusNo   @60
  • ReadPciConfigByte  @61
  • ReadPciConfigWord  @62
  • ReadPciConfigDword  @63
  • WritePciConfigByte  @64
  • WritePciConfigWord  @65
  • WritePciConfigDword  @66
  • FindPciDeviceById  @67
  • FindPciDeviceByClass @68

ダウンロード:WinRing0 Alpha7

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です