OpenLibSys Alpha2

動作確認用のサンプルアプリケーションを作りました。一応これを見れば使い方はわかるかな・・・と。また、GetProcAddress を全 API に対して行うのは大変なので、簡単に DLL を初期化できる関数例(OlsApiTypeDef.h)をつけておきました。C/C++ からしか使えませんけどね(汗

◇サンプルアプリケーション

  • CPUID 命令動作確認
  • RDMSR 命令動作確認
  • IO アクセス動作確認(例として 440Hz の BEEP 音を鳴らしてます。)
  • PCI アクセス動作確認(HostBridge の検索と全 PCI デバイスのリストアップ)
  • (物理アドレスによる)メモリアクセス動作確認(例として SM BIOS バージョンを表示)

全部の機能を試せるわけではありませんが、大体雰囲気はわかっていただけるかなと。

openlibsysalpha2.png

◇Alpha2 API (@以下は序数)

GetDllVersion (仮仕様) を追加。

  • GetDllStatus   @1
  • GetDllVersion   @2
  • IsCpuid     @11
  • IsMsr     @12
  • RDMSR     @21
  • WRMSR     @22
  • CPUID     @23
  • HLT      @24
  • ReadIoPortByte   @31
  • ReadIoPortWord   @32
  • ReadIoPortDword   @33
  • WriteIoPortByte   @34
  • WriteIoPortWord   @35
  • WriteIoPortDword  @36
  • ReadMemBlock   @41
  • WriteMemBlock   @42
  • SetPciMaxBusNo   @50
  • ReadPciConfigByte  @51
  • ReadPciConfigWord  @52
  • ReadPciConfigDword  @53
  • WritePciConfigByte  @54
  • WritePciConfigWord  @55
  • WritePciConfigDword  @56
  • FindPciDeviceById  @57
  • FindPciDeviceByClass @58

ダウンロード:OpenLibSys Alpha2

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です