WinRing0 Beta5

念願の Any CPU 対応を果たしました。ガベージコレクションと例外処理の勉強をすれば、もう少し C# のサンプルコードは良くなると思います。

主な変更点 

  • C# サンプルを微妙に改良 
  • C# サンプルを Any CPU でビルド
  • C# サンプルの OpenLibSys.cs を x86/x64/Any CPU 対応に改良 
  • Win9x 環境で GetDllStatus() が OLS_DLL_NOT_SUPPORTED_PLATFORM を返すように変更
    ⇒ 完全にサポートはあきらめました。

マニュアル 鋭意制作中(現在英語版のみ)

◇ダウンロード:WinRing0 Beta5

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です