おわりのはじまり

 先日、デジタル署名の期限が切れました。もうデジタル署名することはできません。

 デジタル署名の重要性はわかるのですが、個人が下のレイヤーに取り組めない世の中(Windows の話ですが…)というのは、もうすぐそこまで来ているんだなと改めて感じています。WinRing0 は多くの開発者のレビューを経てバグをつぶしてきたわけですが、Windows 7 では動作しないというレポートも受けています。DLL 側で対処できる問題であれば良いのですが、ドライバ側に問題があればそこでおしまいです。本当に。

 Everest や CPU-Z など本当に優良なソフトを開発している方々は法人化しているわけですが、残念ながら、私にはそこまでの技術力と覚悟はありません。オープンソースのために会社を辞めて起業というのはさすがに…なにより全然儲かる見込みないし(笑) 一応、妻に有限会社の起業をお勧めしてみましたがあっさり断られましたorz 以前 『私にできることなら何でも言うこと聞いてあげる♪』って言ってたんですが… 気のせいだったようです(爆)

 でも、本格的な x64 版 Windows 時代が到来する前に WinRing0 をリリースできたことは大変良かったと思います。一時しのぎとなってしまうかもしれませんが、当面はこのライブラリがあれば個人でもハードウェア系アプリを開発できるのです。

 CrystalDiskInfo に本気で取り組んでいる理由はいくつかありますが、デジタル署名がなくても楽しめるテーマであるというのもひとつの理由なのかもしれません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です