Fahrenheit

海外の CrystalDiskInfo ユーザの方から摂氏→華氏の変換が面倒くさいよ。華氏をサポートして欲しいというメールを頂きました。

華氏 (Wikipedia)

で調べてみると、まだまだ華氏を基準に生活されている方も多いようですね。ずっと、摂氏の世界で生活しているので、華氏のメリットは全然わからないのですが、同じように華氏の世界で生活してきた方にとっては、摂氏では直感的にわからないのでしょう。

HDD から取得できる情報自体は摂氏ですし、トレイアイコンを 3 桁にするのは絶対に嫌なので摂氏をメインにしつつ、マウスオーバーすると華氏で表示されるという形式にしてみました。いちいち電卓をたたく必要がなくなるので、華氏圏の方には便利になるのではないかと。

多言語化と国際化の違いはこういうところなんですよね。私は、英語サイトでも YYYY/MM/DD 形式で日付を表示していますが、これまた地域によっては違和感があるんだろうなぁ。また、YY/MM/DD だと MM/DD/YY と区別がつかない場合があるので、YYYY 表記を心がけています。

【余談】

その昔 DirectX (Direct3D) と OpenGL の統合 API ? のコードネームとして使われていましたよね。当時は、3D プログラミングなんて全然していないにもかかわらず、早くリリースされないかなぁとワクワクしていました。残念ながらプロジェクトは暗礁に乗り上げ、終了してしまったわけですが。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です