CrystalCPUID 5 -Estel- せめて夢だけは語ろう

せめて夢だけは語ろう。

CrystalCPUID 4 + SysInfo の一部を利用させて欲しいという問い合わせは昔からかなりあるわけですが、商用利用が出来ないライセンスとなっているため多くの場合お断りしているのが現状です。

CrystalCPUID 5 -Estel- + OpenLibSys -PureCrystal- の目的はこのジャンルに自由をもたらすことです。

開発者以外にとってはソースコードがあろうがなかろうがどうでも良いことですが、このジャンルに興味がある人にとってはとても価値あることだと思います。今は Intel も AMD もかなり詳細なデータシートを出していますが、私がこのテーマに取り組み始めたときは十分な情報は開示されていませんでした。H.Oda! さんが WCPUID に取り組んでいたときはもっと情報が少なかったことでしょう。

長期の充電期間を経てようやく 0 から CrystalCPUID を書き直す心の準備もできつつあります。

CPU-Z と同じ方向を目指しても勝ち目は全くありませんので、CrystalCPUID 5 -Estel- には、私の夢を詰め込みたいと思っています。正式版のリリースまではまだまだ時間が必要ですが、自信を持ってリリースできるよう心をこめて開発します。

私はプログラマとして、プロではありませんし、一流でもありません。でも、”CPUID” を愛する心は日本で一番だと思っています。デジタル署名を取得し、希望を取り戻したときの感動を思い出しながら再起を誓います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です