CrystalDiskInfo 1.0.0 カウントダウン!?

正式版リリースに向けてアプリの最終調整やマニュアル作成を進めています。翻訳の方も順調にアップデートされており、今度こそ近日正式版リリースの予定です。

本日、google で検索してみたところ全体で約 7 万件、日本語で約 3400 件となっておりました。google の検索数が全てではありませんが、多数の海外ソフト紹介サイト(日本で言うと窓の杜とか Vector に相当)に転載されていたり紹介記事が掲載されているので CrystalDiskMark のときよりも注目度は高そうです。

それにしても、海外のソフト紹介サイトは結構辛口だったりしますねぇ。正式版前だというのにビシバシ評価されますし、中には 5 段階評価で 2 というものも… orz ちょっとショックだった(笑) まぁ、世界で揉まれながら更なるクオリティアップを果たす方向で前向きに検討中です。

S.M.A.R.T 関連ソフトは CPUID 関連ソフトと比較して数も多く、CrystalCPUID の開発を休止してまで取り組む必要があったのか ? と何度か思ったことはあるのですが、今は非常に価値ある一歩になるのではないかと考えています。

というのも、S.M.A.R.T 関連ソフトはデバイスドライバが必要なく OS のサポートも受けられるため、開発のハードルは比較的低いと思うのですが、オープンソースなプロジェクトはほとんどありません。Windows で利用できるメジャーなプロジェクトはクロスプラットフォームの smartmontools ぐらいだと思います。また、S.M.A.R.T 関連ソフトは、フリーソフト ⇒ ある程度メジャーになったらシェアウェア化 という流れをたどるソフトも多いですし、商用ソフトも溢れかえっています。

ソフトウェアの価値を評価するのはユーザの皆さんですし、ここでウダウダ言ってる暇があったらマニュアルをさっさと完成させた方が良いと思うのですがちょっと色々書いてみたくなったので戯言を並べてみました。

1 年後には数万~数十万人* の方々が CrystalDiskInfo を愛用してくださることを夢見ながら正式版リリースに向けた最終調整作業を進めていきたいと思います。

*かなり自信過剰ですw 謙虚さが足りないプロジェクトだな我ながら。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です