今月の予定

オープンソースしていると良いこといっぱいありますね。今日は、先日から色々やり取りしている某 CPU ベンダの方から WinRing0 のパッチが届きました。このパッチをベースに更にエラー処理を充実させて、今月中に WinRing0 1.5 としてリリースする予定です。 (コード修正よりマニュアル修正の方がずっと大変だ…)

別の方から libpng + zlib のバージョンが古すぎるんじゃ…というツッコミを頂いたので重い腰を上げようかなと。簡単にライブラリをビルドできると良いのですが。

CrystalDiskInfo は 1.0 としてリリースしたいと思います。色々思うところはありますが、正式版にしないことには十分なフィードバックも得られそうにありませんし…。多少時間を空けて、OpenLibSys を開発する際に多少ブラッシュアップするぐらいでちょうど良いのかなと。ソースコードはもうすこし改善したいとは思いますが。

【できるだけ早くリリース予定】

  • CrystalMark 2004R3 0.9.125
    libpng + zlib の更新(取り組むのが遅すぎる…

【3/31 リリース予定】 

  • CrystalDiskInfo 1.0
  • WinRing0 1.5

というわけで、CrystalCPUID 5 -Estel- の開発は綺麗さっぱり来月以降ということで。ホント申し訳ない。

最近、”WinRing0″ や “OpenLibSys” というキーワードで良く検索しているのですが、それなりに話題になっているようですね。WinRing0 を使ったソフトも徐々に増えてきましたし、CrystalCPUID 5 -Estel- をリリースすれば、少しは知名度も上がるでしょうから来年度は飛躍の年になりそうです。というか、そうなることを期待しています。

残念ながら、WinRing0 を使ったオープンソースプロジェクトはあまり見当たらないわけですが、CrystalCPUID 5 -Estel- / OpenLibSys.org をオープンソースで公開すれば触発されて、オープンソースなプロジェクトが増えてくれるんじゃないかなぁ~と夢想しています。それにしても、このカテゴリーはオープンソースなプロジェクトがなかなか増えませんねぇ。

ひょっとして、WinRing0 が GPL だったらこんなことには…まぁ、私自身が GPL なライブラリと .h と .lib で構成された(つまりソースコードがついていない)ライブラリは使いたいと思わないのでライセンス変更はないと思いますが。

とまぁ、日記をダラダラ書いていても仕方がないのでコードを書こう。コードを。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です