CrystalDiskInfo Beta5

crystaldiskinfobeta2s.png
見た目は Beta2 と同一です。

【ひとりごと】

  • HDD 検出部については、今回のバージョンで見えないものは正式版でも見えない…ということになりそうです。
  • 正式版公開前に動作する ATA(IDE)/SATA/RAID コントローラのリストを作成したいと考えております。既に評価用に外付け RAID ボードを 2 枚購入しましたが、評価目的の購入にも限度がありますので、皆様のご協力お願いいたします。

【更新内容】

  • 通常の HDD 検索処理のあとに PhysicalDrive0-31 および Controller0-15 の ポート 0-7 に対して HDD の存在確認をするようにしました。
    何も存在しない場合はすぐにエラーが返ってくるので(定量的な評価はしていませんが…)それほど処理時間はかからないようです。残念ながら、この方法で見つけた HDD については、ドライブレターを表示することができません。もちろん、重複チェック(Model + Serial Number)をしており、通常の方法で見つからなかった HDD のみリストアップされます。
  • テキストコピー機能を修正(IDENTIFY_DEVICE 情報のダンプ部)
  • HDD 容量を小数点 1 桁表示に戻しました。(四捨五入ではなく下二桁目を切り捨てています)

【制限事項】 

  • S.M.A.R.T が無効の HDD に対して強制的に S.M.A.R.T を有効にする機能は未実装です。 
  • HDD の通電時間の単位を誤認識する可能性があります。
    ⇒ 対策検討中…

【仕様】

  • 外付け ATA/RAID ボード接続の HDD には基本的には未対応です。
    ⇒ 出来る限りの対応はしたいと考えていますが…
  • RAID には未対応です。
    ⇒ RAID ボリュームに組み込まれた HDD は多くの場合見えないようです。
  • 外付け HDD (USB/IEEE 1394) には未対応です。eSATA はコントローラ次第です。

【S.M.A.R.T って何?】

【Beta テスト協力のお願い】

CrystalDiskInfo 報告ツリー 其の参 (Beta1以降)  (報告板)

  • 動作しない場合はもちろんのこと、動作した場合も貴重な情報ですので、動作報告をお願いいたします。
  • 皆様のご意見ご要望をお待ちしております。

【ダウンロード】

  • 実行ファイル (x86 – NT – Unicode)
  • ソースコード(超暫定版:上記 実行ファイル に含まれるリソースが必要です)
    未整備です。どうしてもという方向けです。正式版はもう少しマシになる予定です。

【今後の予定】

  • デザイン調整
  • アイコン作成
  • S.M.A.R.T 項目の翻訳
  • ソースコードのブラッシュアップ
  • HDD が 1 台も見つからなかった際の処理(どうしたものか…)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です