CrystalDiskInfo Beta1

crystaldiskinfobeta1s.png

【進捗】

  • IOCTL_SCSI_MINIPORT_IDENTIFY と DFP_RECEIVE_DRIVE_DATA の統合
  • ドライブレターマッピング機能の再調整およびソート機能の実装
  • WMI を用いた効率的な HDD 検出方法の実装(無駄なサーチを排除)
  • x86/x64 判別機能
  • テキストコピー機能の修正 
  • デザイン変更 
  • 多言語化準備

などなど。最終版に向けてかなり修正されています。

温度について、

55℃以上:赤
50℃以上:黄色
50℃未満:青

にしています。あまり、神経質になっても仕方がないし、こんなもんかなと。

【制限事項】 

  • S.M.A.R.T が無効の HDD に対して強制的に S.M.A.R.T を有効にする機能は未実装です。

【仕様】

  • 外付け ATA/RAID ボード接続の HDD には未対応です。
  • RAID には未対応です。
  • 外付け HDD (USB/IEEE 1394) には未対応です。eSATA はコントローラ次第です。

【S.M.A.R.T って何?】

【Beta テスト協力のお願い】

CrystalDiskInfo 報告ツリー 其の参 (Beta1以降)  (報告板)

  • 動作しない場合はもちろんのこと、動作した場合も貴重な情報ですので、動作報告をお願いいたします。
  • 皆様のご意見ご要望をお待ちしております。

【ダウンロード】
*2008/3/10 7:50 差し替え(Model 名を WMI から抽出)
*2008/3/10 22:00 USB HDD などを誤検出することに気がつきました。今晩リリース予定の Beta 2 で修正します。

  • 実行ファイル (x86 – NT – Unicode)
  • ソースコード(超暫定版:上記 実行ファイル に含まれるリソースが必要です)
    未整備です。どうしてもという方向けです。最終版はもう少しマシになる予定です。

【今後の予定】

  • 最終版に向けたデザイン調整

【ひとりごと】

3/8-9 の 2 日間で 20 時間ぐらい開発を進めました。2 つの HDD アクセス方式を統合するのに多少手間取りましたが、ようやく正式版への道筋が見えてきました。年末年始に思い立ち、軽い気持ちで始めたのですが、正直こんなに苦労するとは思いませんでした。

今回開発した CAtaSmart クラスは OpenLibSys.org でも採用する予定なので、更なるブラッシュアップを予定しています。整理すればコード量はかなり削減できそうな感じですし。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です