CrystalDiskInfo -Feena- #35

crystaldiskinfofeenadev35b.png

crystaldiskinfofeenadev35.png
ちょっとカラフルすぎ?

【進捗】

  • HDD 状態の判定を 3 段階に変更
    (メニュー部のみ。リストコントロール内は次回以降対応予定)
    S.M.A.R.T の 項目ID 0x05, 0xC4, 0xC5, 0xC6 の Raw Value が 0 以外の場合 黄色オーブ:『注意』となります。項目の詳細は Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology [Wikipedia] をご確認ください。
  • コントローラあたり最大 8 台の HDD の検出に対応
  • 多言語化準備
  • コンパクトモードの実装
    クライアント領域を 480×48 ~ 640×480 の間で変更できるようにしました。
  • HDD 選択メニューの幅を 60 から 80 に拡大
    ドライブレターが 4 つまで表示可能になりました。

【制限事項】 

  • S.M.A.R.T が無効の HDD に対して強制的に S.M.A.R.T を有効にする機能は未実装です。
  • #32 までと HDD 取得方式が異なるため、以前は取得できていたのに #33 以降では情報が取得できない可能性があります。最終的には、複数の方式を組み合わせる予定です。『#32 以前で取得できたのに、#33 以降で取得できない』というのは、非常に重要な情報ですので、ご報告頂けると幸いです。

【S.M.A.R.T って何?】

【Beta テスト協力のお願い】

CrystalDiskInfo の実行結果報告 (報告板)

  • 動作しない場合はもちろんのこと、動作した場合も貴重な情報ですので、動作報告をお願いいたします。
  • 皆様のご意見ご要望をお待ちしております。

【ダウンロード】 *2008/2/18 0:18 差し替え (不適切な WMI 処理を廃止)

  • 実行ファイル (x86 – NT – Unicode)
  • ソースコード(超暫定版:上記 実行ファイル に含まれるリソースが必要です)
    今回は諸事情によりありません。

【今後の予定】

  • 多言語化関連準備
  • 最終版に向けたデザイン調整
  • 複数の HDD 情報取得方法を実装
  • ヘルプの作成

 などなど

【ひとりごと】

  • 『Feena』はコードネームなので、最終版にはひっそりとしか含まれない予定です。
  • CrystalDiskMark で落ちに落ちた信頼を取り戻すべく Beta テストは入念に行います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です