CrystalCPUID 5 -Estel- #18

【進捗】

  • OpenLibSys Extension API の暫定定義
    – DWORD GetOlsStringA(DWORD index, PCHAR str, DWORD sizeInBytes);
    – DWORD GetOlsStringW(DWORD index, PWCHAR str, DWORD sizeInWords);
    – DWORD GetOlsValue(DWORD index, PDWORD value);
    – DWORD SetOlsValue(DWORD index, DWORD value);
  • OpenLibSys からの文字列取得機能の動作確認 (ANSI 版のみ)

【作業予定】

  • System Information by DMI
  • 文字列の ANSI <-> Unicode 変換ルーチン

【ひとりごと】

OpenLibSys.dll 内部では基本的に ANSI 文字列しか扱わないので、GetOlsStringA だけで良いような気もするのですが、将来の拡張を考えると最初から Unicode ビルドに対応しておきたいところ。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です