Crystal Dew World の歴史

昨晩ふと思い立ち Crystal Dew World の歴史をまとめてみました。既に公開を終了したソフトたちに付属していたリリースノートを読み返しながら、懐かしんでおりました。

学部生時代に漠然と考えていた(と思う)目標のほとんどを達成したんだなぁ~とシミジミ。残念ながら CrystalMark も CrystalCPUID も世界一にはなれませんでしたが、自分の作りたいものを具現化できるだけのスキルを学生時代に身につけることができたのは本当に幸せなことだと感じています。そして、社会人になってからも情熱が尽きることなく新しいプロジェクトに取り組み続けていることを誇りに思います。

振り返ってみると社会人になってから丸々 3 年間新作を全く出せなかったわけですが、今年は、CrystalDiskMark をリリースし、数年間温め続けてきた OpenLibSys プロジェクトをついに具現化することができ、ようやく「新しい何かを」生み出す力を取り戻すことができたのではないかと思います。

来年は10周年だしなにか記念になるソフトをリリースしたいところです。まぁ、CrystalMark 1.0 をリリースするのが一番なんですが・・・。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です