オレオレ署名搭載カーネルモードドライバ

デジタル署名の仕方ぐらいは確認しておきたいよね・・・ということで、

コードサイニング証明書の利用方法

を参考にオレオレ署名してみました。

signtool signwizard で起動する署名ツールは、署名対象として exe .cab .dll .ocx の拡張子のものとなっておりますが、全てのファイルに切り替えれば普通に sys にも署名できました。

ちなみに、オレオレ証明書の作成は WDK の Free Build 環境を管理者権限で開いて

makecert -r -pe -ss PrivateCertStore -n CN=OpenLibSys.org test.cer
certmgr -add test.cer -s -r localMachine PrivateCertStore

って感じでオッケー。ここでは、OpenLibSys.org ってのが発行者になります。

色々難しそうな英語のマニュアルを読んでも良くわからなかったのですが、やってみるとすごく簡単でビックリ。あとは、デジタル署名を取得するだけなんですが・・・

おすすめ

1件の返信

  1. 2007年9月1日

    […] デバイスドライバにオレオレ署名付与 オレオレ署名搭載カーネルモードドライバ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です