WinRing0 Beta4

C# のサンプルコードを x86/x64 両対応としました。が、Any CPU には現時点では対応できそうにはありません。問題は、Visual C# 2005 Express Edition では、Any CPU しか選択できないということ。VC# 2008 では、この制限が解除されていると良いのですが・・・。

.NET なのに x86/x64 を別バイナリにしなければならないのは、非常にアレなのでそのうち何とかしたいとは思います。ホント、動的に DLL 名を変えられるだけで良いんですけどねぇ~。

主な修正点

  • C# 版サンプルの x64 版を用意しました。
  • OpenLibSys.cs に enum を使って定数値を追加しました。
  • OpenLibSys.cs を x86/x64  の両対応としました。
  • GetDllStatus の返り値に OLS_DLL_UNLOAD_DRIVER = 4 を追加しました。
    ※DLL 初期化後にドライバをアンロードされた場合に対応

マニュアル 鋭意制作中(現在英語版のみ)

◇ダウンロード:WinRing0 Beta4

あわせて読みたい

1件の返信

  1. hiyohiyo より:

    C# で動的に呼び出す DLL を変更するには、LoadLibrary + Marshal.GetDelegateForFunctionPointer を使う方法が一番簡単そう。

    週末チャレンジしてみようかな・・・。そうすれば、Any CPU が使えるし。

    いつになく勉強家な今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です