日刊OpenLibSys

待望?の C# から WinRing0 を簡単に扱うサポートクラスを作成し大満足な一日でした。これで、WinRing0 のユーザはいちいち DllImport しまくらなくても良いわけです。問題は、DLL 名が固定なため、x64 に対応できないことですが・・・

C# と .NET のことはこれから勉強するって感じなので、サンプルコードも含めて徐々に良くなることでしょう。(希望的観測)

さぁ~て、のんびり C# の文法でも調査しながら早めに寝ようっと。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です