英文メール

今日は、ドイツのプログラマの方からとてつもなく長い英文メールが届きました。今までいただいたメールの中でもぶっちぎりで長かったので、とりあえず印刷。。。内容は、お礼とバグレポート(汗 な感じのようです。(あまりに長いのでざっとしか読んでいないのです)

CrystalCPUID/CrystalDMI/SysInfo のソースコードは役に立っているようで、こんな熱いメールが海外から届くとはプログラマ冥利に尽きるというものです。稚拙でもやっぱり英語ページを作って良かったなぁ~と思うわけです。

がんばって修正版 BSD ライセンスな OpenLibSys を完成させるぞぉ~!!

とりあえず、OpenLibSys は SysInfo よりもずっとプログラマにやさしいソースコードになる予定です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です