CrystalDiskMark 1.0RC6

主な変更点

  • 言語ファイルの仕様を変更
  • 実行ファイルを3つのアーカイブファイルに分離

翻訳者や連絡先をプログラムから読み出せるようにするために言語ファイルの仕様を変更しました。ただ、CrystalDiskMark 1.0 では言語切り替え機能に関するこれ以上の開発は行わないことにしました。Language は一度決めたら基本的に弄る必要ありませんからね・・・。

特に問題がなければこのまま正式版に格上げ予定です。まだ、終わってたわけではありませんが、久しぶりにプログラマとして充実した日々を過ごせました。Crystal Dew R&D Labs のスタイルは私にとても合っていそうです。本当は、英語版も開設する予定だったのですが・・・。

これから Crystal Dew World 内に CrystalDiskMark 紹介ページを製作する予定です。
Crystal Dew R&D Labs 次の一手は!?

crystaldiskmark10rc6.png

CrystalDiskMark 1.0RC6 :

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です