ほっ、本当に紹介されてる~~~~

以前、VirtualChecker の話をしたとき?に『どこかで紹介させていただきますよぉ~』と言っていただいたような気がしないのでもないのですが・・・

ほっ、本当に紹介されてますw

間もなく Windows 7 がリリースされますが、Virtual XP Mode を利用予定の方やパソコン関係でいつもヘルプを求められるような方は USB メモリの片隅に入れておくとイザっていうとき便利かと思います。あと、Intel VT/AMD-V には対応、非対応だけでなく 『有効』『無効』の判定が重要であることを雑誌やブログなどで紹介する際にも使えるかと思います。

ここだけの話、世の中には BIOS で AMD-V を BIOS で有効にしてもちっとも有効になってくれないマザーボードが存在するので。えぇ、私も愛用している Shuttle SN78SH7 最新 BIOS の話です。こんなソフトを作っていながらメイン環境では AMD-V を有効にできないという罠が・・・。

VirtualChecker は OpenLibSys.org からダウンロードできます。

おすすめ

4件のフィードバック

  1. naoki より:

    地味にVHDのベンチマークアップして―ってお願いしたのは自分だったりします。。。

  2. hiyohiyo より:

    > naoki さん
    なるほど、それでついでに VirtualChecker もという流れでしょうか。
    長沢さんに覚えていただけただけでうれしいです。

  3. 長沢智治 より:

    紹介させていただいておいて、ご連絡が遅くなってすみません。

    実は、セミナーなどでは毎回ご紹介をさせていただいております。私も一人のユーザーとして愛用させていただいています(^^)

    ブログも何かに絡めてぜひご紹介したいと常々思っていたのですが、naoki さんが、よいきっかけを作ってくれました♪

  4. hiyohiyo より:

    > 長沢さん
    わざわざお立ち寄りありがとうございます。

    10月22日以降、Intel VT/AMD-V の有効、無効はものすごい FAQ になると思うので、作って良かったと思います。デジタル署名の絡みもあり、個人が一から作るのは不可能ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です