多言語化について

CrystalDiskMark の多言語化は、順調に進んできたわけですが、ここに来てひとつ問題が浮上してきました。

  • 同一言語の翻訳ファイルを複数の方から頂いた場合どのように対処すべきか?

二人目以降は、最初に翻訳された人のデータを見た上で送ってきていると思われることから、二人目の方がより適切な翻訳である可能性が高いと思われますが、翻訳には好みがあるため一概に良い悪いと判断するわけにもいきません。何より、私は日本語以外翻訳の精度について判断のしようがありません。

今のところ、XXXX2 という形で(XXXXは言語名)追加していますが、CrystalCPUID ではどうするべきか真剣に考えておく必要がありそうです。「言語名 by 翻訳者名」って感じで表示するほうが 1, 2, 3… と番号が振られるよりも好印象かなぁとも考えております。

翻訳協力者に敬意を払いつつ、ユーザが使いやすい形を模索したいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です