WinIo → WinRing0

私の中では、大きな節目となった WinRing0 ですが、私自身が宣伝になるようなソフトウェアを開発していないためか公式サイトは相変わらず閑古鳥が鳴いております。

そんな状況ではありますが、

http://forum.notebookreview.com/showthread.php?t=181232&page=20

↑のフォーラムで、とあるソフトの WinIo 依存部分を WinRing0 に書き換えたという投稿がありました。

WinRing0 は WinIo と API の互換性はありませんが、同様の機能を持つ API については引数も似たようなものなので置き換えは非常に簡単です。

WinIo には x64 ビットドライバがない~と嘆いている方が OpenLibSys.org にたどり着けるよう、もう少し努力したいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です