GlobalSignの歴史

米国での買収劇から1年。揺れ動くSSLサーバー証明書業界に何が起きたのか?

非常によくまとまった記事を見つけたのでメモメモと。とりあえず、米GlobalSign社は、グローバルサイン株式会社の子会社のようですね。日本でも個人向け「コードサイニング証明書」の発行サービスが始まると良いですねぇ~。

すでにリリース済みですが、Windows Vistaの64ビット版で必須となるコードサイニング用の証明書があります。これを提供できるのは世界で3社しかありません。そのうちの1社が弊社なのです。

調査したところ、「コードサイニング証明書」を提供しているのは、VeriSignGlobalSignGeoTrust の3社でした。VeriSign と GlobalSign の日本法人もありますが、今のところ個人に「コードサイニング証明書」を発行しておりません。やっぱり、米 GlobalSign が最強ということで。EU/イギリス法人でもオッケーみたいですけどね。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. シャノン より:

    ちなみに、日本グローバルサインは、旧名を日本ジオトラストといいます。
    親会社はGMO。
    Verisignに対抗できる勢力が日本に集結しつつあるんでしょうかね。

  2. hiyohiyo より:

    > シャノンさん
    コメントありがとうございます。
    本当に動きの速い業界みたいですねぇ。
    GlobalSign の個人向け『コードサイニング証明書』発行サービスが停止されないことを心底願っています。できれば、日本でも個人向けサービス充実して欲しいところです。

    先日も、海外のユーザさんからデバイスドライバにデジタル署名をどうやって行ったのか質問メールが来ました。もちろん、GlobalSign を紹介させていただいたわけですが、Vista x64 の問題は世界中の個人プログラマを悩ませているようですね。やっぱり。本当は、英語でもこういった情報を発信できると良いのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です