Crystal Dew Blog

Crystal シリーズの開発ブログです

CrystalDiskMark 5.0.0-2

ダウンロード: Crystal Dew World からお願いします。

CrystalDiskMark5
主な変更点

[5.0.0]

[5.0.2]

  • テストファイル生成処理の高速化
  • UI バグ修正 (ZIP版のみ)

◇ひとこと

SSD の機種によっては、ランダムライトテスト直後のシーケンシャルリードテストは実質的にランダムリードテストとなり、極端に結果が悪くなる可能性があることからすべてのリードテストを実施してからライトテストを行うことにしました。

新テーマは、鋭意準備中です。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. すばらしいツールをありがとうございます。
    いつも大変お世話になっております。

    私事になりますが、Windows Server の ファイバーチャネルの
    ストレージアレイ(FC-SAN)を構築しました。
    ぜひ、パフォーマンスを測定してみたいのですが、
    FC-SANの場合、ディスクボリュームは、以下のようなパスでマウントされるので
    標準的な状態では、評価できないようでした。

    C:\ClusterStorage\Volume1

    # Windowsの用語で、フェールオーバークラスターの
    # クラスターの共有ボリューム(CVS)と呼ばれています。
    # 2個目以降のボリュームは、Volume2,Volume3と続きます。

    測定用の一時ファイルを、上記の位置に配置するような
    機能をお願いできないでしょうか。

    測定したいのは、以下の構成の機材です。

    HDD: Hitach HDS722020ALA330 12台(RAID10)
    HBA: DELL PERC H810 (LSI SAS2208 based Controllers)
    FC: QLE2562 (8Gbit)

    ローカルのSSD(RAID5)ボリュームからFC-SANボリュームへの
    約30GBのVHDファイルコピーが50秒くらいかかります。

    以上、ご検討ください。
    何卒よろしくお願いいたします。

  2. 測定ファイルの作成場所を任意に選択する機能があれば良いだけなのですが・・・なかなか実装できていない状況です。

  3. お世話になります。
    本日(10月17日)DiskMark5.0.2×64 ポータブル版をダウンロードしましたが
    「ファイルの作成に失敗しました。」
    のメッセージが表示され、実行できません。同バージョン3でも試してみましたが同じ状態で実行できません。

    PCは NoteBook: DELL Latitude E6530,OS:Win7pro x64,HDD 1GB,空き領域843GBです。OSとDELLのアプリケーションやユーティリティソフトとウェブブラウザFirefox程度の内容です。
    (Desktop (Win7pro x64)ではインストーラー版DiskMarkですが問題なく実行できます。)

    ちなみにDiskInfo6.5.2×64 ポータブル版は問題なく実行できます。
    何が原因なのか、どうしたら実行できるかご教示いただければ幸いに存じます。

  4. ルートディレクトリにフォルダ+ファイルを作成できない環境のようですね。
    管理者権限で実行してください。(もちろん、適切な権限を付与すれば動作します。)

    任意のフォルダをテスト対象にする機能を実装すれば良いのですが……。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top